枕の

「低反発」素材が洗濯できない理由とお手入れのやり方

「低反発」素材が洗濯できない理由とお手入れのやり方
多くの人に愛用されている「低反発まくら」、実は洗えません。 洗ってしまうととても恐ろしいことになります。 低反発まくら以外にもクッションやマットレスまで幅広い製品に使われている「低反発」素材の寝具が“洗濯NGな理由”と、最適なお手入れ方法についてご紹介します。   「低反発まくら」が洗濯NGな...

ウレタンの低反発枕は洗濯できない!汚れたらどどんと一発陰干し戦法

ウレタンの低反発枕は洗濯できない!汚れたらどどんと一発陰干し戦法
「普段なかなか洗濯しない、低反発枕の洗濯方法が知りたい」という方はいらっしゃいませんか? しかし、そういう方には残念なお知らせです。低反発枕は洗濯することが出来ません。 じゃあこの記事は何を説明しているんだ! それが「低反発枕がなぜ洗濯できないか?」「じゃあ汚れた際にどのようにお手入れをすれば...

枕を選ぶときに、高さはとても重要です

枕を選ぶときに、高さはとても重要です
枕を選ぶときに、高さはとても重要です。枕が高すぎると、首が無理な形に曲がり、肩こりや首筋の痛みの原因になります。また寝起きの頭痛を引き起こすこともあります。さらには女性には大敵の首のシワが増えます!逆に枕が低すぎると、頭に血が上り、寝付きが悪くなったり、さらには熟睡の妨げ...

枕の中素材は、寝心地を左右する重要な選択要素です

枕の中素材は、寝心地を左右する重要な選択要素です
枕の中素材は、寝心地を左右する重要な選択要素です。素材によって、硬めや柔らかめ、フィット感、香りのするもの、通気性の良いものなど、寝心地にも影響を与えます。ここでは、素材別に特徴を紹介します! フィベールピローまるで高級ホテル気分を味わえる! わた状の人工...

枕の「大きさ」も体型やお好みによって様々です

枕の「大きさ」も体型やお好みによって様々です
枕の「大きさ」も体型やお好みによって様々です!ここでは、一般的なサイズから用途に合わせた枕の大きさをご紹介いたします。 特に主流となっている枕の大きさは、43×63cm です。この43×63cmを基準に、1回り小さい35×55cmタイプ、1回り大きめの50×70cm、横長...

枕の選び方 -枕と眠りのおやすみショップ

枕の選び方 -枕と眠りのおやすみショップ
いらっしゃいませ。睡眠改善インストラクター・睡眠環境診断士、枕と眠りのおやすみショップ!楽天市場店の店長・タグチです。枕選びって、本当に難しいですよね? 素材、カタチ、大きさ、ブランド、様々です。枕は、毎日毎日、それも1日の3分の1、ずっと一緒にいるもの。 長いお付き合いになる...