枕の選び方 -枕と眠りのおやすみショップ

枕の選び方ナビ
タグチ店長
いらっしゃいませ。
睡眠改善インストラクター・睡眠環境診断士、枕と眠りのおやすみショップ!楽天市場店の店長・タグチです。
枕選びって、本当に難しいですよね? 素材、カタチ、大きさ、ブランド、様々です。
枕は、毎日毎日、それも1日の3分の1、ずっと一緒にいるもの。 
長いお付き合いになる枕だからこそ、できるだけ自分に合った枕を選びたいもの。 

ということで、ここでは皆さまの「枕選び」のお役に立てるよう、まくら研究所のマクーラ博士にもご登場いただき、「枕の選び方」をご案内させていただきます。
アパレル販売員のらんさん
枕って、いろいろな種類があって悩んじゃう!選ぶときの正しい方法ってあるんですか?
主婦のさつきさん
最近、寝付きが悪くて...肩こりも...
自分にあった良い枕がほしいわ!
どうやって探したらいいの?
マクーラ博士
枕選びで重要なのは、大きく分けて4つ。
(1)枕の大きさ、(2)枕の素材、(3)枕の高さ、(4)枕のカタチ


この4つがそれぞれ自分の体型や寝姿勢に合ったものが理想です。 
しかし、この4つ以外に、もっともっと重要な要素があります。それは、好みや感覚です。
自分の好みや感覚も枕選びには重要な要素になるからです。
実際、同じ身長・体重・体型の方がいたとしても、合う枕は違うと言われています。
それは好みや感覚が大きな比重を占めているからです。枕も一期一会。
商品の説明やお店のアドバイスだけに頼ることなく、自分の好みや感覚を信じ、枕を選ぶことが大切です。
タグチ店長とひつじ
そうですよね。
好みや感覚も、とても重要ですよね。
実は、わたしも以前、枕選びには本当に苦労しました(汗)

ある時期、買い替えた枕が合わなくて、合わなくて、合わなくて(泣)
それからはもう、毎日毎日、合わない枕との戦い。
いろいろな枕を買ったり、測定して枕を作ったりしましたが、枕が合わずで。
更に、「睡眠改善インストラクター」と「睡眠環境診断士」の資格を取得し、睡眠に関しての研究に没頭する日々を送りました。

そのとき、企業やメーカーの売り文句や人間工学のような理論、さらには専門家の意見でもなく、やはり自分の感覚や好みもとても重要だと感じました。
そんな経験から、もっと消費者視点で中立的かつ客観的に枕が選べるショップが必要と思い、今はこのショップの店長になった次第ですm(_ _)m
マクーラ博士
そのとおり!
しかしながら、(1)枕の大きさ、(2)枕の素材、(3)枕の高さ、(4)枕のカタチ
この4つの正しい知識も重要。
まずは、この4つの要素について、1つずつ説明しましょう。

さらに、枕の選び方を覚えたら..
知っておくと便利!!な枕のお役立ち情報をご紹介します!

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。