枕の「大きさ」も体型やお好みによって様々です

step1 枕の「大きさ」を選ぼう。

枕の「大きさ」も体型やお好みによって様々です!
ここでは、一般的なサイズから用途に合わせた枕の大きさをご紹介いたします。

特に主流となっている枕の大きさは、
43×63cm です。
この43×63cmを基準に、
1回り小さい35×55cmタイプ、
1回り大きめの50×70cm、
横長ダブルサイズの43×120cm、があります。

※参考SIZE

標準的なサイズです。

一般的に日本のお布団にもピッタリで、人間の肩幅と枕の横幅が同じになるサイズです。標準的な枕の大きさは、市販されている枕カバーの種類も豊富で、男女ともにお使いいただけます。

標準的なサイズより一回り大きくなります。

ゆったりと余裕のあるサイズで、ホテルなどでもよく使われているサイズです。ゆったりワイドなサイズなので、包まれて眠れるような寝心地になります。

2人用の枕です。

横幅が長いので、頻繁に寝返りをする方に特にオススメです。最近ではこのダブルサイズ用の枕を1人で使う方も増えています。一般的な敷き布団で利用する場合は、両脇が布団からはみ出します。 

標準的なサイズより一回り小さくなります。

昔の枕はこのサイズが主流でした。コンパクトなサイズで、お子さまや女性におすすめです。

ジュニアサイズです。

お子さまにおすすめです。市販のジュニアサイズ枕カバーはこのサイズになります。

上記の図以外にも、以下のようなサイズがあります。


また、最近では枕の形状の多様化により、いろいろなカタチの枕が登場しています。

なお、枕のサイズは、枕の中身を取り出し、平らに伸ばした状態(枕カバー単体)で計測したサイズになります。
枕の中身が入っている状態の場合、厚みがある分、上記のサイズより、若干小さくなります。

いろいろなサイズがあるのね。
私には一回り小さい枕が
合いそうだわ♪


コメントを残す

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。