弊社の扱う商品のほとんどは、安心安全のAmazon倉庫からの発送になります。 【送料無料】弊社の扱う商品のほとんどは、安心安全のAmazon倉庫からの発送になります。

ブログ

では、どのくらいの頻度で枕を交換する必要がありますか?

では、どのくらいの頻度で枕を交換する必要がありますか?

 

 

 

枕は素材によって寿命が違ってきます。自分の頭に合わない素材や劣化した枕を使い続けることは、眠りを浅くし、睡眠の質を低下させてしまいます。

 

枕の寿命は安価なもので2年前後、普及品で5年前後となるのが一般的です。

もちろん、耐久性の高いものはもっと長期間使えますし、大切に扱えば平均寿命よりも長生きさせられます。

枕は消耗品なので、長年使い続けていると、劣化や汚れで体に悪影響を及ぼします。

枕の寿命は素材によって以下のように異なります。

 

1.低反発枕

 

低反発枕の寿命も1~3年ほどと言われています。

反発の具合が各社違うので寿命の判断は難しいのですが、こちらも使用している内に反発する力が衰えてきます。

 

また低反発枕のウレタンは水に弱いという特徴があり、睡眠中によだれが多い人はウレタンの強度が落ちやすく、ボロボロに剥がれて寿命が短くなります。

低反発枕は水に弱いので洗濯は出来ません。長く愛用するには枕カバーの洗濯がポイントになります。

 

 

2.そば殻の寿命 1~2年

そば殻枕の寿命も1~2年ほどと言われています。

 

そば殻素材は、使用しているうちに徐々に割れて粉々に
なっていきます。
枕が低くなり、寝心地が悪く感じたら買い換え時です。

 

 

3. 羽根枕の寿命

 

羽根枕の寿命は「1~3年」です。
買い替えのタイミングになると、次のような変化が出始めます。

  • 枕の高さが低くなる
  • 頭が沈み込んで寝返りがしにくくなる
  • 羽根が飛び出してくる

羽根枕と羽毛枕は、使われている部分に次ような違いがあります。

羽根枕:硬い軸の部分を含む羽根全体
羽毛枕:ふわふわした羽根の部分

羽根枕は軸が付いた羽根が素材なので、羽毛枕よりも早く羽根が飛び出してしまいます。
そのため羽毛枕よりも早めに買い替えが必要になります。

 

4.ポリエチレン・ソフトパイプ』の寿命 約3~5年

ポリエチレンパイプはかなり硬めの素材のため、簡単には
へたりません。
パイプが潰れて素材の偏りが酷くなり、寝心地が悪くなったら
買い替え時です。

 

5.コルマビーズ枕

 

パイプ素材の枕の寿命は3~5年とも言われていますが、パイプが潰れていなければ問題ないとも言われています。

 

6.高反発ファイバー枕

耐用年数は2~5年前後。

素材と種類と密度により耐用年数が変わります。面で支える構造のため頭をよく置く中央部分を中心に逆お椀型にへたっていきます。もともと硬めな寝心地ですがへたりに従い、さらに硬さが目立つようになっていきます

 

7.ウール枕

 ウール寿命は、使用している状況によっても違いはありますが、約「2~3年」年が寿命の目安です。

 

 

 

 

コメントを残す